DSC_3580

今が旬!!!朝日に来たら、タキタロウ館(大鳥)のなめこそばを食べねばの!

DSC_3592大鳥の秋の旬!といば、キノコ。

9月の中旬ころからキノコが出始め、大鳥の方々は毎日朝早くから天然のキノコを採りにせっせと山に入っています。

10月も中旬に差し掛かる今日この頃、マイタケのシーズンが終わりに向かいながら、なめこが少しづつ顔を出しています。
標高が高く、木々が豊かにあるからこそ美味しく育つ、大鳥の山の恵み♪

 

とはいえ、広大な山の中でキノコを見つけるのは相当難しいです。

 

協力隊が、キノコを採りに何度か山に入っているのですが、狙いのマイタケやなめこ全然見つけられません…

※勿論、山と言っても普通の登山道とかの脇に自生していることはめったになく、道なき道を切り込んでいくような場所です。

 

見つけるのはツキヨダケとかの毒キノコばかり…笑

 

地元の人は「最低でも15回は山に入らないと見つけることすらできないよ~」と言います。

 

地元の方々は何十年も大鳥に住み続け、秋の短い期間に集中的に山に入ってはキノコをせっせと採ってきた。

その経験から得られる土地勘で、広い山々から自然の恵みであるキノコを採って来ています。

 

とはいえ年によってはキノコが全然自生していない時もあるそうで、その年その年になってみないとわからないんだとか…

 

高齢になっても、険しい山に入り天然のキノコを採り続けているのは、天然モノが圧倒的に香りが良く、美味しいからです。

そしてその味を沢山の人に知ってもらおうと、産直に出したりしています。

 

原木でなめこを栽培している方もいらっしゃいますが、その人たちも言うことはみな同じ。

『天然のなめこが一番うめぇっけ~~~!!!』

 

スーパーで見かけるなめこは、可愛らしく食べやすいサイズのものだと思いますが、大鳥のなめこは一味も二味も違います…

 

そして昨日、タキタロウ館に訪ねてなめこそばを食べてみたのですが…

DSC_3580

とてつもなく美味しかったです!

 

まず、なめこの傘のボリューム感が凄い…

 

なめこ特有のツルツル感!!!

 

そして極め付けは天然ならではの香り。

 

 

舌の肥えたお客さんをムムッ!?と言わせるこの一品。

一杯800円で提供して頂けます。

 

11月上旬にはなめこも取れなくなってしまうそうなので、朝日に来たら、ぜひぜひタキタロウ館まで足を延ばしてみて下さい♪

※今年は天然のなめこが10月下旬現在ではあまり採れていない為、いらっしゃる際は念のため、タキタロウ館へお問い合わせ下さい。

 

タキタロウ館情報

運営団体 大鳥タキタロウ村組合
事業内容 釣り堀、キャンプ場管理、食堂、お土産販売
営業期間 5月初旬~11月中旬
定休日 毎週月曜(月曜が祝日の場合は火曜が休み)
営業時間 9:00~17:00
駐車場 30台
所在地 鶴岡市大鳥字高岡55-8
お問い合わせ 0235-55-2452  タキタロウ館
 大鳥daysの購読はFacebookページが便利です。

2 comments on “今が旬!!!朝日に来たら、タキタロウ館(大鳥)のなめこそばを食べねばの!

  1. ホームページ開設おめでとうございます!! これから開かれるイベントが楽しみです! 移動居酒屋是非おらほの部落にもお越しください。 今後の活動も頑張ってください!

    • ありがとうございます!引き続きこのHPで情報発信していきますので、変わらず見続けてくれると嬉しいです^^/

      移動居酒屋、倉沢でも是非開かせてください♪
      近々お会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です