森の晩餐

狩猟と採集を巡る旅『森の晩餐』 開催のお知らせ

2013年11月2~3日に、出羽庄内地域デザインさん主催の『森の晩餐』が開催されます。

 

一言で言うならば、森の恵みを受けて生活する人たちの話を聞き、実際に採取した森の恵みを食す旅…

 

初日の舞台を大鳥とし、朝日屋さんの若旦那が、マタギについて語ります。

二日目は月山山頂小屋のご主人と一緒に森に入り、森の植生を学びながらキノコ・木の実を採取。採取したものを調理して森のランチを楽しめます。

 

お金でモノゴトを解決することが増えてしまった今だからこそ、自然と共存する生き方を実践している方々に話を聞いたり、身を持って体験したりすることは大切なことだと思えます…

 

観光や登山などで森に入る方が抱く森のイメージと、シーズンになれば毎日のように森に入っている方が抱く森のイメージは異なります。

 

観光や登山で森に入る場合、木々に囲まれた中を歩き、見晴らしの良いところで気持ちが和らいだりリフレッシュしたりすると思います。

例えるならば、本殿を目指して羽黒山の石段を一段ずつ登るようなイメージ…

 

静かな杉林に囲まれ、滝の音を聞きながら歩く。

五重の塔や爺杉などを見つめながら、一句を読んだ松尾芭蕉の想いを感じるような…

 

一方で、シーズンになれば毎日のように森に入っている方が抱く森のイメージは、食や仕事であることが殆どです。

沢から水を引っ張ってきたり、山菜やキノコ、木の実などを取る、または狩猟をするなど…

 

自らの生活を支えるための資源を頂きに、森に入ります。

それ故、自然や森、山と言った抽象概念で一括りにせず、沢の名前や峰の名前など、具体化して表現します。

資源や獲物の情報交換の際に、山の中でも具体的な場所を伝えられるように・・・。

 

山のプロの話を聴くことで、普段皆さんが感じている山・森のイメージがまた違った視点で見れるかもしれません。

新しい森を発見をしに、是非遊びにいらして下さい♪

 

※山伏の成瀬正憲さんがコーディネートする企画なので、羽黒の山岳信仰についても伺えるかもしれません…

森の晩餐2森の晩餐

pdficon森の晩餐 イベントフライヤー

『森の晩餐』告知ページ(アトツギ編集室) : http://atotsugi.tumblr.com/

 

イベント詳細

ABOUT

日程:2013年11月2日(土)・3日(日)

場所:山形県鶴岡市周辺(集合:JR鶴岡駅)

旅行代金:26,000円 (現地交通費、食事代、宿泊代含む)

定員:20名(最少催行人数12名)

申込:10月25日(金)〆切り ※定員になり次第受付終了。

お申し込み・お問い合わせ:

株式会社 出羽庄内地域デザイン

Phone 0800-800-0806 (月~金、9:00~17:30)

Email info@cradle-ds.jp

 

◆ワンデイツアー◆

DAY1/DAY2 各、1日のみの参加も可能です。(宿泊は含まれません)

どちらかは、すでに予定がある…、などお気軽にお問合せください。

費用:13,000円(現地交通費、食事代含む)

集合:DAY1 鶴岡駅 10:30 / DAY2 鶴岡駅7:30

 

SCHEDULE

DAY1-11/2 | sat 「森の晩餐」

-10:30 集合:JR鶴岡駅(山形県鶴岡市)

(1) マタギと歩く狩猟の森

鶴岡市大鳥池のマタギ、佐藤義幸さんと朝日連峰の麓を歩きます。山に生きる命を授かること、マタギの仕事について教えていただきます。

(2) 森の晩餐

森からの食材を調理し、森の晩餐会を開きます。

(3) 森を聴く、森を語る

ナイトウォークや森の勉強会。

– Stay (休暇村羽黒 )

 

DAY2-11/3 | sun 「森を持ち帰る」

(1) 森の恵みを採集

月山山頂小屋の主人、芳賀竹志さんと一緒に月山山系の山裾の森へ。

森の植生を学びながら、木の実やキノコなどを採集します。

(2)森のランチ

採集した食材などを調理し、森のランチを楽しみます。

(3)森の保存食づくり

時間をかけておいしくなる、森のリキュールやびん詰などをつくります。森の恵みを暮らしの中に持ち帰ります。

-17:00 解散。

 

GUIDE PROFILE
佐藤義幸

旅館朝日屋主人。マタギを営む。朝日連峰の玄関にあたる山深い集落・旧朝日村大鳥に生まれ、狩猟・採集を営む山の民たちに囲まれて育つ。その暮らしは森と河川の生態系とともにあり、自然への深い洞察を磨いてきた。山小屋大鳥池小屋の管理人でもある。

芳賀竹志

月山頂上小屋主人。山形県鶴岡市羽黒町在住。0歳で担がれ月山に登って以来、この山を知悉し、豊富な博学的知識に多くが信頼を寄せる。山岳遭難救助隊や山岳ガイドの育成も行う。2012年には著書『月山 山菜の記』(崙書房)を上梓。

 

お願い

◎ ツアーは現地集合・現地解散となります。鶴岡への往復交通費は含まれません。

◎ 合部屋(男女別)になります。

◎ 同行できる年齢であればお子様の参加も可能です。(費用は同額です)

◎ 小雨決行。プログラムは天候や当日の状況によって変更する場合があります。食事メニューは、採集できた食材で用意します。

◎ツアー中に撮影した写真や感想などは、アトツギ編集室および出羽庄内地域デザインの本、ウェブサイト、広報物に使用させていただく場合があります。

◎平成25年度に山形県が実施した、鶴岡市を含む、山形県庄内地域で採取された野生キノコ検体、アケビ、クルミ、クリ、ヤマブドウの放射性物質検査において、食品中の放射性物質はいずれも検査機器で測定できる検出下限値未満です。(日本環境科学株式会社、株式会社理研分析センター ゲルマニウム半導体検出器)(10月1日現在)

 

企画協力

アトツギ編集室

アトツギ編集室は「アトツギ」をテーマにするリトルプレス。山形県出身・在住のメンバーで、地域の食、手仕事、生業や暮らしの継承をめぐり、聞き書きをベースにした編集・出版活動などを行っている。

http://atotsugi.me/

 

旅行企画・実施

株式会社 出羽庄内地域デザイン

997-0028 山形県鶴岡市山王町8-15

山形県知事登録旅行業 第2-268号

 

お問い合わせ

株式会社 出羽庄内地域デザイン

TEL0800-800-0806 (月~金、9:00~17:30)

E-mailinfo@cradle-ds.jp

URLhttp://www.cradle-ds.jp

 大鳥daysの購読はFacebookページが便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です