DSC_2583

大鳥鉱山

DSC_2583

寿岡選鉱場跡

大鳥にはかつて、”飯が食えなくなったら山を掘れ”という言い伝えがあったと言われるほど、鉱山で栄えた地区。

大鳥鉱山のスタート

享保2年(1717年)の西大鳥、個人経営の三浦七郎左衛門が外平(とひら)鉱山において金鉱を発見し、採掘し始めたことが大鳥鉱山の歴史の起源と言われ、この言い伝えをもとに明治14年(1881年)、黄金村の数名が鉱脈を突き止め採掘を始めたという記録が残っています。

 

それから時を経て明治28年(1895)、古川市兵衛が鉱山権を入手し、銅鉱石を求めて探鉱し、探し当てた。

市兵衛死去後の明治38年(1905年)に、古川鉱業(株)がこれを受け継ぎ大鳥鉱山をスタートさせたことで大鳥の繁栄が始まっていきます。

枡形  寿岡選鉱場 (2)

明治末期から大正時代にかけて、戦争を始め鉄道の建設、電気事業展開、民間設備投資増大により金属需要が激増し、古川鉱業の盛んな設備投資、労働力の大量投入によって大鳥鉱山の全盛期を迎えた。

当時で大鳥鉱山で働いている人は約1500人。

ほとんどが「機械場」に集中していたそうです。

事務所別館等社宅全景「機械場」とは大鳥の集落から8キロさかのぼった地点の鉱山集落(鰍沢(しゅざわ)集落)の通称であり、そこには精錬所、事務所、鉄索所、郵便局、診療所、販売所、社員住宅、鉱夫長社宅、人夫長屋、合宿所、学校など、あらゆる住宅・施設が整っていた。

精錬所には採鉱場から鉱石を運び込み、粗銅を運び出す索道(鉄索)の音が昼夜の別なく響き、精錬所の煙突から黒煙がもうもうと立ち上がっていた。

また、夜になるとまだ珍しい電灯が全山を照らし出し、不夜城の繁栄ぶりを示していた。

この鉱山においては、東京市場から直接仕入れられていた豊富で安価な生活物資を人々にもたらし、一方で毎年5月15日に行われている山神祭は鉱山関係者だけでなく地区住民等多数の人々の参加があるなど隆盛を極めた。

選鉱所  鉱山

しかしこの繁栄は、山林の荒廃をもたらし、大鳥の人々の心と暮らしを大きく変えたとも言われている。

大鳥鉱山の休山⇒大泉鉱山への転換…そして閉山

大正7年(1918年)1月20日、鉱山に大雪崩が発生し、死者154人という未曽有の大惨事となった。

復旧が進むなか、この年に第一次世界大戦が終結し、金属価格が暴落するなど経済不況が進み、全国の鉱山において人員削減や旧山の動きが拡大していった。

銅価も下落する一方で、大鳥鉱山も規模縮小を行いながら操業を続けたが、大正11年になりついに休山に至った。

 

昭和6年(1931年)、満州事変など戦争拡大が金属需要を復旧させ、価格が急騰した。

大鳥鉱山も大日本興業によって再開発されることとなり、枡形(ますがた)に採鉱場等が、寿岡に選鉱場等が矢継ぎ早に建設されていった。

再開発された鉱山は、所在村の大泉村の名をとり大泉鉱山と命名された。

 

戦争の拡大とともに生産量は急増していったが、戦争末期には乱掘と労働力不足等により減産を余儀なくされた。

戦後は選鉱所など4棟を火災で失い、出鉱不能の時期もあったが、新富鋼帯の発見や朝鮮戦争特需による金属価格の高騰などもあり、好況に転じた。

昭和30年代には開山以来最大の繁栄時期を迎え、出鉱量を戦前の乱掘時を大幅に上回る年間5万トンにまで伸ばした。

鉱山内  鉱山見学 鉱山内事務所  鉱山内休憩所

しかし、昭和30年代後半の貿易自由化等、40年代の海外の安価な鉱石輸入の急増等が経営に大きな打撃を与えた。

昭和52年、大日本興業は解散し、大泉鉱山の経営は出羽工業にバトンタッチされたが、円高による経営悪化により昭和54年(1979)3月に閉山した。

明治14年(1881)の改ざんによりほぼ1世紀を経て、鉱山(ヤマ)の灯は消えてしまったが、産業・経済・生活文化など多方面にわたり地域にもたらした大きな足跡は、今なお大鳥地区や地区の人々の中に息づいている。

【大鳥の寿岡選鉱場の昔と今】

旧寿岡選鉱場 寿岡選鉱場 (2)

写真・資料の参考文献:大泉鉱山史

 大鳥daysの購読はFacebookページが便利です。

2 comments on “大鳥鉱山

  1. はじめまして名古屋のnobaと申します
    「邂逅の森」「相克の森」に感化されマタギ所縁地を巡る旅を始めました
    先月阿仁へ、今月は秋山郷へ、次に来月山形を計画しております
    小説に登場する肘折温泉/大鳥鉱山/八久和をいろいろ検索してたらこの記事に目がとまり、わたしの求めてるものだと思いメールしました

    旅の参考にさせてもらいます

    朝日屋さんで宿泊を検討しております

    • nobaさん
      邂逅の森、僕も読みました。主人公は新潟県村上市の山熊田の方をモデルにしているらしいですね。
      僕も今月14日に阿仁の根子番楽を見に行きます。マタギの世界も奥深くて面白いです。朝日屋さんの宿泊もぜひぜひー!美味しいご馳走がたくさんでてきますよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です